排卵誘発剤にもいろいろな種類があり、
薬を内服するものと注射に大別されます。

 
今回は、注射タイプの排卵誘発剤の種類や効果、
打ったときの痛み、副作用などについて、お話ししたいと思います。

 

不妊治療で排卵誘発剤を使う目的

 
排卵誘発剤は、体内で卵胞を成熟させることで排卵させ、
受精する確率をあげるために使われる薬です。


スポンサードリンク





不妊の女性の約3割が排卵障害を抱えているといわれていますが、
女性ホルモンの分泌異常や卵巣機能の低下、ストレスなどが原因で起こるようです。

 
この排卵障害を治療する目的で、排卵誘発剤を使います。
卵胞が成熟しない、あるいは排卵をしていないなど、
症状によって、処方される排卵誘発剤は異なります。

 
また、服用する排卵誘発剤より、薬剤を注射するタイプの方が、
効果が高いといわれています。

 

排卵誘発剤の注射薬の種類

 
不妊治療で排卵を誘発するために、注射薬を使うことがあります。
一般的な排卵誘発剤の注射薬には、hMGとhCGがあります。

 
hMG注射には、FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体刺激ホルモン)が
配合されており、生理が始まってから数回、注射します。卵胞を成熟する目的で使います。
hCG注射は、黄体ホルモンに似た働きを持ち、排卵を促します。



 

hMG注射の効果と副作用

 
hMG注射を打つと、直接卵巣に働きかけ、卵胞を発育・成熟させます。


スポンサードリンク





内服薬よりも効果が強く、排卵率の向上が見込めます。

 
ただし、注射された女性の薬の感受性が強いと、副作用として
OHSS(卵巣過剰刺激症候群)が起こる可能性があります。

 
OHSSになると腹痛や腰痛、吐き気、尿量の減少、下痢、
腹水、胸水などの症状が見られることがあります。
また、多胎妊娠の発症率が、通常よりも10~20%高くなるといわれています。

 

hCG注射の効果と副作用

 
hCG注射は、排卵誘発剤と併用して使われる薬です。

 

通常、卵胞が十分な大きさに成長する時期の女性は、
hCG(絨毛性ゴナドトロピン)という黄体ホルモンが分泌されています。

 
hCG注射は、この黄体ホルモンと同じ働きをするのです。
hCG注射を打つと、36~48時間で排卵が起こります。

 
hMG注射を打った後に経過観察を行い、
十分に卵胞が成熟してからhCG注射をします。

 
また、受精卵を着床しやすくすることを目的に、
排卵後も1日おきに数回、hCG注射を打つことがあります。

 

排卵誘発剤の注射は痛い

 
排卵誘発剤は筋肉注射で、複数回うつものなので、お尻にするのが一般的です。
これは、人間の身体の中でお尻が一番、痛点や神経は少ないからです。
 
針をさすときよりも、薬剤を注入するときの方が痛いといわれています。
また、毎日薬剤が注入されているので、筋肉内部もうっ血をくり返していることに
なるので、注射した部分がピリピリしたり、軽い痺れがおこることもあります。


 
排卵誘発剤をうつときには、場所を変えてもらうようにしましょう。

参照:排卵誘発剤で授かった双子は障害になりやすい?

参照:無排卵月経の特徴と基礎体温

 

排卵誘発剤の注射をうつと太る?

 
hMG注射をうったからといって、必ず太るわけではありません。

 
ですが副作用でOHSSを発症したときには、
急激な体重増加がみられることがあります。

 
またhCGには、胎盤や胎児副腎でステロイドの
合成が促進させるという作用があります。

 
ステロイドが促進されると、免疫力を低下させるだけでなく、食欲を増進させます。
つまり、hCG注射をきっかけに体内でステロイドが増えて
食欲もアップし、それが太る原因になることは考えられます。

 
不妊治療そのものも大きなストレスなので、食欲を我慢することで
さらに自分を追い込むのは、かえってマイナスに作用することもあります。

 
太ることに着目するのではなく、赤ちゃんを授かりやすい身体に
することを重視して、自分の中で折り合いをつけることをおすすめします。