不妊治療の一環として、排卵誘発剤を使うお母さんは少なくありません。
そして、排卵誘発剤を使うと、双子を授かる確率がアップするといわれています。

 
そこで今回は、排卵誘発剤の種類や効果、副作用に加え、
双子を授かった場合は一卵性なのか二卵性なのかについても、
お話ししたいと思います。

 

排卵誘発剤の種類と働き

 
不妊治療は、お母さんの年齢や身体の状況によって、
お医者さまが適切な方法を勧めてくれます。


スポンサードリンク





まずは基礎体温をつけ、排卵日に性交を持つというタイミング法に始まり、
それでも授からなかった場合に、排卵誘発剤が使われることが多いです

排卵誘発剤には、「セキソビット(シクロフェニル)」や
「クロミッド(クロミフェン)」「テルグリド」「hMG注射」
「hCG注射」などがあり、働きが異なります。

 
「セキソビット」は、卵子を包んでいる卵胞の発育をサポートする薬で、
排卵があるのに妊娠しにくい女性に処方されることが多いです。

 
「クロミッド」は脳下垂体に働きかけ、FSH(卵胞刺激ホルモン)と
LH(黄体刺激ホルモン)を促します。

卵胞が成熟しないことで排卵が起こらない女性に、有効な薬です。
「テルグリド」は、妊娠を抑制する働きを持つプロラクチンの
分泌量を抑え、排卵を促す薬です。

 

「hMG注射」にはFSHとLHが配合されており、卵胞を成長させます。

クロミッドの効果をアップするために、使われることも多いです。

「hCG注射」は、排卵を促す薬です。

 

クロミッドやhMG注射と併用します。

 

排卵誘発剤を使うと双子を妊娠する確率があがる理由

 
女性は、卵巣の中に「卵胞」という卵子の元となる細胞を持って生まれてきます。



スポンサードリンク




生理を迎えるようになると、たくさんある卵胞の中の一つが成熟し、
毎月1回卵子として、卵巣の壁を破って、卵管采に放出されるようになります。

これを「排卵」といいます。
通常は、月に成熟する卵子は一つです。

 

ですが、卵胞を成熟させる排卵誘発剤を使うと、
複数が成熟し、放出されることが多くなります。

 
排卵誘発剤の中でも、内服薬より注射を使う方が、
双子を妊娠する確率があがるといわれています。

 

一卵性双生児と二卵性双生児の違い

 
双子は、一卵性双生児と二卵性双生児に大別されます。
一卵性双生児は、一つの卵子と一つの精子が受精して受精卵になった後、
それが分割することで双子になります。

 

そのため、性別や血液型、DNAがすべて同じです。

二卵性双生児の場合は、卵子が二つ放出され、それぞれが
別な精子と受精し、受精卵が二つできたことで双子になります。

 

そのため、性別も血液型もDNAも別々になります。

 

排卵誘発剤を使うと一卵性双生児ができる?

 
一卵性双生児は、全妊婦さんの0.4%に出現します。
そして、hMG注射を使うと20%、
クロミッドでも5%が多胎妊娠の可能性があります。

 
一度に排卵される卵子の数が多いことを考えると、
二卵性双生児を授かる確率の方が高そうですが、
そうした研究データは報告されていないようです。

 
むしろ、排卵誘発剤の注射を使った場合、
一卵性双生児が生まれる確率が高いと報告されています。

 
いずれにせよ、不妊治療の結果、双子を授かったことを喜び、
一卵性であっても二卵性であっても妊娠のリスクがあることを理解して、
自分の身体を労わりながら出産の日を迎えましょう。

参照:産後の無排卵月経はいつまで?

参照:無排卵月経の特徴と基礎体温

 

排卵誘発剤を使うリスクも覚えておこう

 
排卵誘発剤も薬ですから、服用したり注射をすることで、
副作用が出ることがあります。

 
喜ばしい双子の妊娠も副作用の一環ですし、卵巣過剰刺激症候群
(OHSS)という卵巣が腫れてしまう症状が出ることもあります。

 
不妊治療の中でも、排卵誘発剤の使用は費用も安く、進めやすいものです。
ですが、心身ともに負担がかかる可能性があることも理解したうえで、
進めていくようにしましょう。