合成黄体ホルモン剤である「デュファストン」は、
生理不順から不妊症、不育症まで、幅広く用いられている薬です。

 
今回は、デュファストンの不妊治療に対する効果や、
服用後の基礎体温の変化について、お話ししたいと思います。

 

デュファストンの働き

 
不妊症や流産が多い不育症の女性の多くにみられるのが、黄体機能不全です。


スポンサードリンク





女性の身体は、生理から排卵までに卵胞ホルモンである
エストロゲンの分泌量が増えることで卵胞が成熟して排卵され、
排卵後に黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増えて
子宮内膜を充実させて着床に備え、不要になるとそれが剥がれて生理になります。
 
プロゲステロンは、受精卵が着床しやすいようにするだけでなく、
着床した胎芽を守るという役割も担っています。

 
そのため、プロゲステロンの分泌量が少ないと、
受精卵が着床しにくかったり、流産を引き起こしやすくなります。

 
デュファストンは、プロゲステロンと同じ働きをするので、
不妊症にも不育症にも効果があるとされています。

 

デュファストンを服用すると妊娠しやすくなる?

 
黄体機能不全が不妊の原因である場合、デュファストンを
服用することで受精卵が着床しやすくなることで、
妊娠確率をアップできる可能性があります。

 
また、プロゲステロンは妊娠後にも分泌量が増えるものなので、
着床後もデュファストンを服用し、子宮の状態を良好に整えることが、
流産防止にもつながります。

 

デュファストンを服用することでの基礎体温の変化

 
生理周期が安定している女性が基礎体温を計ると、
体温が「低温期」と「高温期」に分かれます。


スポンサードリンク





生理が始まってから排卵までが低温期、
排卵から次の生理が始まるまでが高温期になります。

 
低温期から高温期に移り変わるタイミングで排卵が起こり、
高温期が続けば着床を維持できる身体の環境が整っているということです。

 
つまり、デュファストンを服用していても、低温期と高温期の
二層に分かれていれば、きちんと排卵が起こっているので、
タイミングをはかって性交すれば妊娠の確率をあげることができます。

 
不育症で処方される場合は、高温期を維持するために
デュファストンの服用を続けるように指示されます。
デュファストンの服用を続けているにも関わらず、基礎体温の
変動がバラバラなときは、排卵が起こっていない可能性もあります。

 
自己判断せずに、お医者さまに相談しましょう。


 
参照:クロミッドを飲むと何日目で排卵する?

参照:クロミッドで妊娠確率は上がる?

 

デュファストンの副作用のことも理解しておこう

 
デュファストンは合成黄体ホルモン剤なので、服用することで
一時的に黄体ホルモンの量が増えてしまうので、副作用が出ることがあります。

 
主な症状は、吐き気や嘔吐、食欲不振、腹痛、発疹、めまいなどがです。

 
デュファストンの副作用は、服用開始直後から現れることがほとんどで、
服用を続けたまま経過観察をすると、1日から1週間程度で治まるのが一般的です。

 
ですが、ごくまれに血栓症や心不全、アナフィラキシーショックが
起こる可能性があるので、何か副作用を感じたら、
自己判断せずに、お医者さまに相談しましょう。

 
また、デュファストンを服用すると、
妊娠しやすいように体型に変化が起こる女性もいます。

 
痩せすぎている女性がデュファストンを服用すると、
体重が増えることがあるのです。
これは、女性ホルモンのバランスが整うことで、女性らしい体型に
なるということなので、妊娠を望んでいるなら受け入れすべき変化といえます。

 
そして、デュファストンを服用することで、生理が遅れることもあります。

 
これは、デュファストンが黄体ホルモンと同じように、
子宮内膜を充実させたり、維持する働きをしているためです。

 
服用を止めて何日かすれば生理が起こりますので、心配はいらないでしょう。