女性ホルモンのバランスが乱れているときに、
「デュファストン」という薬を処方されることがあります。

 
不妊治療にも用いられることが多い「デュファストン」とはどんな薬なのか、
副作用としてどんな症状が出るのかについて、お話ししたいと思います。

 

デュファストンってどんな薬?

 
デュファストンは、不妊や生理不順の女性に処方される、合成黄体ホルモン剤です。


スポンサードリンク





女性の生理には、黄体ホルモンである「プロゲステロン」と卵胞ホルモンである
「エストロゲン」の分泌が関連しています。

 

エストロゲンの分泌量が多くなることで卵巣内の卵胞が成熟しますが、
排卵するとプロゲステロンの分泌量が増えて子宮内膜を充実させ、
着床しやすい状態に整えます。

その後、受精卵が着床しないと準備された子宮内膜が剥がれ落ち、
これが経血となります。

 
デュファストンは、このプロゲステロンと同じ働きをする薬なのです。

 

デュファストンの働き

 
デュファストンを服用することで、体内の黄体ホルモンを増やすことができます。

 
黄体機能不全のために不妊症で悩む女性にとっては、デュファストンを
服用して黄体ホルモンが増えることで、着床しやすい子宮環境を整えることができます。

 
また、生理不順や無月経の女性がデュファストンを一定期間服用し、
子宮内膜を充実させたうえで飲むのを止めると、生理を起こすことができます。


 
これで、生理周期を正常化させることができるのです。

 
また、切迫流産や切迫早産しやすい体質のお母さんがデュファストンを
服用することで、着床後も子宮の緊張を和らげ、子宮収縮を抑えることができます。

 

デュファストンの副作用とは

 
デュファストンは、プロゲステロンと同じ働きをする合成黄体ホルモン剤なので、
安全性が高いといわれています。

ですが、副作用が起こる可能性はあります。

 
デュファストンを服用して起こる副作用には、吐き気や嘔吐、
食欲不振、腹痛、発疹、めまいがあります。

 
これは、デュファストンを服用することで体内の
黄体ホルモンの量が増加することで起こります。

 
またごくまれに、血栓症や心不全、
アナフィラキシーショックが起こることもあります。
デュファストンの副作用は、薬を飲み始めてすぐに起こります。


 
体調に変化が表れたときには、すぐにお医者さまに相談し、
服用を中止すべきかどうかの指示を仰ぎましょう。


スポンサードリンク





ただし、症状が出ても服用を続けることで1週間以内には、
症状が治まることがほとんどです。

 
身体が薬に慣れるまでは、辛抱するしかないかもしれません。
また、デュファストンの服用を中止しても、成分が
すべて体外に排出されるまでには7~8日かかります。

 

デュファストンを服用することでの腰痛や吐き気

 
吐き気は、デュファストンを服用することで起こる、副作用の一つです。
ですが、腰痛はデュファストンの服用が原因ではありません。

 
デュファストンは、女性ホルモンのバランスを整える働きをします。
痩せすぎで生理不順が起こっている女性の場合、デュファストンを
服用することで適正体重に近づき、太ってしまうことがあります。

 
それに伴い、体型が変化することで、腰痛が起こる女性もいるのです。

参照:セキソビットで排卵が早まる、遅れる?

参照:クロミッド服用後の排卵検査薬は陰性、陽性?

 

デュファストンを服用することでの身体の変化

 
デュファストンを一定期間服用し、それを中止することで、
人工的に生理周期を整えることができます。

 
ですが、身体の状態によっては、デュファストンを服用している間に
生理がきたり、飲むのを中止してから生理がくるまでに時間がかかることもあります。

 
デュファストンへの感受性や服用している量の問題など、
原因はいろいろ考えられるので、お医者さまと相談し、経過を
観察しながら、自分の目的に合わせた使い方をするように心がけましょう。