毎月生理がきていても、必ず排卵が起こっているとは限りません。
実は無排卵月経だったという女性も、少なくないのが現状です。
いざ赤ちゃんが欲しいと思っても、無排卵月経のままでは
授かることができませんので、治療が必要です。


スポンサードリンク



そこで今回は、無排卵月経について、特徴や基礎体温での
判断方法も含めて、お話ししたいと思います。

 

無排卵月経とは何か。その原因は?

 
無排卵月経とは、生理はあっても、排卵をしていない状態のことをいいます。
30代の女性に多いといわれており、生理がある女性の
10%程度は、無排卵月経がみられるようです。

 

無排卵月経は、排卵を司る脳の視床下部か、
卵巣機能の異常が原因と考えられています。

 
脳下垂体が卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌量を増やし、
卵巣内の新しい卵子を成熟させることで排卵します。

 
排卵後、受精卵が着床しなければ、
妊娠に備えていた子宮内膜が剥がれ、生理が起こります。

 
ですが、脳がストレスを受けて排卵を促せなかったり、
卵巣がうまく機能せずに卵子が成熟しないことがあり、
無排卵月経や生理不順になってしまうのです。

脳や卵巣がストレスを感じる要因には、過度なダイエットや急な
体重減少、激しい運動、心身への強いストレス、不規則な生活、
喫煙量の多さ、冷えによる血行不良などがあります。

 

無排卵月経の特徴とは

 
無排卵月経には、いくつか特徴があります。

 

まず、生理の際の出血量が少なくなることです。


スポンサードリンク





女性の身体は、生理終了後から卵胞ホルモンであるエストロゲンの
分泌量が増えて排卵を促し、排卵後から黄体ホルモンである
プロゲステロンの分泌量が増えて、子宮内膜を厚くやわらかくして
着床しやすくし、着床しなければこれが剥がれて生理となります。

 
ですが、排卵が起こらないとプロゲステロンの分泌量が増えず、
剥がれる子宮内膜の量も少なくなるので、知りの量が減るのです。

次に、生理不順が起こることです。

 
実は生理の周期が19日以内の女性の約60%、51日以上の女性の
約30%が無排卵月経であるといデータもあるそうです。

 
生理周期で正常とされるのは、25~38日です。
これまでより生理の周期が短くなったり、長くなったと感じたら、
無排卵月経の可能性があります。

 

40代以降の女性が無排卵月経になる理由は、更年期に向かって
身体が変化する過程なので仕方がないのですが、
10~30代の女性の場合は、過度なダイエットによる栄養失調が
原因で無排卵月経になるケースが多いです。

 

無排卵月経と基礎体温表

 
自分が無排卵月経かどうかを知りたいなら、
まず基礎体温をつけることをおすすめします。

 
排卵のある女性の場合は、排卵前は低温期、排卵後は高温期に入り、
生理開始とともに体温が下がるという二相性になっているものです。

 
ですが、無排卵月経の場合、1カ月基礎体温表をつけても、
低温期や高温期が見られず、体温がバラバラになります。

 
もし、無排卵月経が疑われたら、基礎体温表を持って、
すぐに婦人科を受診しましょう。

参照:排卵出血は排卵後と排卵前どっち?

参照:排卵出血と着床出血の違いと見分け方

 

無排卵月経にもパターンがある

 
無排卵月経にも、種類があります。

 
生理は周期的にくるものの無排卵が続く「持続無排卵周期症」と、
時々無排卵が起こる「散発無排卵周期症」です。

 
どちらも放置すると、不妊症の原因となります。

 
生理の周期が24日以内あるいは39日以上である、
生理が1~2日で終わってしまう、生理の出血量が極端に少ない、
茶色のおりもの状の出血しかない、1回の生理が10日以上続く、
1時間ごとにナプキンを変えなければならないほど出血量が
多いなどの症状がある女性は、無排卵周期症の可能性が高いです。

 
女性の健康は、生理とも密接に関わっているので、
思い当たることがあるのなら、一度病院で調べてもらいましょう。