不妊症や高齢出産のお母さんが妊娠するために、
排卵誘発剤を勧められることがあります。

そして、排卵誘発剤を使うと、
双子を授かる確率があがるという噂もあります。

 


スポンサードリンク




そこで今回は、排卵誘発剤についてお話ししたいと思います。

 

排卵誘発剤とは何か

 
排卵誘発剤とは、卵巣から卵子が排出されるのを
サポートするための薬のことをいいます。

 
通常は、無排卵月経や生理不順、排卵障害などがある
女性に対し、治療のために使われる薬です。

 
ですが、人工授精や体外受精での妊娠の確率をアップするために、
排卵誘発剤を使うこともあります。

 

排卵誘発剤の種類

 
排卵誘発剤は、内服薬と注射に大別されます。

一般的な排卵誘発剤を、いくつかご紹介しておきましょう。

まず「セキソビット(シクロフェニル)」です。

 

比較的効果が穏やかで、副作用が少ない内服薬で、
卵胞という卵巣の中で卵子を包んでいる膜の発育をサポートします。

排卵はしていても、妊娠しにくい女性が初期に処方されることが多いです。


スポンサードリンク




次に「クロミッド(クロミフェン)」です。これも内服薬で、
FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体刺激ホルモン)という二つの
ホルモンの分泌を、脳下垂体に働きかけて促します。

 

これは、排卵が見られない女性に処方されるポピュラーな薬です。

服用しても排卵がない場合には二段投与したり、
注射タイプの薬剤と併用することもあります。

 

そして「テルグリド」です。

授乳中に分泌されるプロラクチンの数値が高いことで、
排卵や妊娠が抑制されている場合に処方される内服薬です。

 

内服薬でも効果が見られなかった場合は、「hMG注射」を使います。

これはFSHとLHの両方が配合されたもので、卵胞の成長を促します。

単体で使われることも、
クロミッドの効果を高めるために補助的に使われることもあります。

 

最後は「hCG注射」です。これは、クロミッドやhMG注射で
卵胞を成長させたうえで、排卵を起こすために使われます。

黄体ホルモンであるプロゲステロンと、同じような働きを持っています。

 

参照:排卵検査薬(David)いつから

参照:無排卵月経の治療法と費用!漢方で治る?

 

排卵誘発剤を使うことで双子を授かる確率

 
双子には、一卵性双生児と二卵性双生児があります。

それを合わせても、双子を授かる確率は、
妊婦さん全体の1~2%程度といわれています。

 
排卵誘発剤を使うと双子を生む確率があがると
いわれているのには、理由があります。

 
まず、排卵誘発剤を使うことで、通常一つしか排出されない
卵子が二つ以上出る可能性が高いこと、高齢出産であること、
体外受精を行う際に受精卵を2個以上移植することなどです。

 

とはいえ、2008年以降は体外受精や顕微授精で移植できるのは
原則一つと定められたので、近年は双子を授かるひとは減っているようです。

 

排卵誘発剤の費用

 
排卵誘発剤が処方されると聞くと、自己診療で高額なのでは
ないかと心配するお母さんもいそうです。

ですが、排卵誘発剤は内服薬であっても注射であっても、
健康保険が適用されるのが一般的です。
 
中でもクロミッドは値段が安く、1カ月あたりの自己負担額は500円ほどです。

注射になると価格があがり、1回400~1500円の自己負担額で、
5~10日間打ち続けなければなりません。

 

また、薬代のほかに注射手技料などが加わります。

 
また、病院によっては不妊治療が目的での処方薬の場合、
健康保険を適用してくれない可能性もあります。

病院で診察を受ける前に、ホームページや電話で問い合わせて、
費用の目安を確認しておくようにしましょう。

 

確かに排卵誘発剤を使うと、費用がかかる点は否めません。

 
ですが、女性が元気な赤ちゃんを出産するためには、
年齢のリミットがあることも忘れてはいけないのです。

 
35歳を過ぎると、年々、妊娠・出産にまつわるリスクは高まっていきます。

 
赤ちゃんが欲しいなら、お医者さまの指示に従って、
排卵誘発剤を使うことを検討しましょう。