排卵出血は、排卵日の1~2日前にみられる出血のことをいいます。


ですが、生理がある女性の5%ほどしか自覚症状がなく、
毎月あるひとも、半年に一度程度しか見られないひともいます。

 

そこで、排卵出血とは何か、色や量でトラブルを見つけることが
できるのかについて、まとめておきたいと思います。

 

排卵出血が起こる理由

 
排卵出血が起こる理由は、二つに大別できます。


スポンサードリンク





まず、排卵のときに卵子が卵巣の表面を破って出てくることでの出血です。
そしてもう一つは、排卵期にホルモンバランスが崩れることです。

生理が終わってから排卵に向けて、エストロゲンが多く分泌され、
卵胞を成熟させます。

 

排卵が近づくとこのエストロゲンの分泌量が増減するので、
子宮内膜が剥がれてしまうことがあるのです。

これも、排卵出血の原因の一つです。

 

排卵出血の時期と期間

 
排卵出血は、排卵が起こる1~2日前にみられるのが普通です。
排卵が起こる時期は、その女性の生理周期によって異なります。

 
28日周期で生理がきている女性の場合は、前回の生理開始から
14日ほどで、排卵出血があると考えてよいでしょう。

 
排卵出血は、1日でおさまる女性もいれば、3日ほど続くひともいます。

いずれにせよ、短期間でおさまります。

 

 

排卵出血の色

 
排卵出血で見られる色も、個人差があります。
おりものに薄いピンクが混ざった程度の女性もいれば、
黒っぽい、薄い赤、茶褐色、鮮血が出るひともいます。

 
色だけでは、排卵出血かどうかを判別できませんので、
期間や量もチェックするようにしましょう。

 

排卵出血の量が多いのは異常?

 
排卵出血の量は、ごく少ないのが一般的で、毎月必ず気づくとも限りません。


スポンサードリンク





もし、排卵日前後の出血なのに量が多い場合は、
別な病気の前兆として不正出血が起こっている可能性があります。

 
基礎体温でみると、排卵出血は低温期から高温期に変わる時期に起こります。
この時期でない、量の多い出血は排卵出血ではないといえます。
そのまま放置せず、早目に婦人科を受診しましょう。

 

排卵出血と不正出血はどう違うのか

 
排卵出血や不正出血かを見分けるためには、
それぞれの特徴を覚えておくのが一番です。

排卵出血の色は前述した通りで、期間は1~3日、
出血は少量で、下腹部に排卵痛を伴うことがあります。

 
一方の不正出血は、おりものに血が混ざる程度のものから、
黒っぽい、茶褐色、鮮血まで個人差が激しく、
期間も1日から長期間にわたるまでさまざまです。

 

出血量も少量のこともあれば、
病気によっては大量出血するものもあります。

痛みの有無も、原因によって異なります。

 

不正出血の原因と考えられる病気とは?

 
生理以外の性器からの出血は、すべて不正出血に括られます。

 
その原因として考えられるのは、子宮頚がんや子宮体がん、
卵巣がん、子宮筋腫、子宮内膜症、性器クラミジア感染症、
子宮外妊娠、胞状奇胎などがあります。

 
どの病気であっても、放置してよいものはなく、場合によっては命に関わります。

不正出血は身体が示す不調のサインであることが多いので、
決して軽視せず、きちんと病院で検査を受けてみましょう。

参照:無排卵月経の治療法と費用!漢方で治る?

参照:妊娠検査薬いつから確実? 計算と排卵日

 

ホルモンバランスを整える生活を心がけよう

 
健康な女性は、毎月左右の卵巣から排卵をしています。
ですが、ホルモンバランスが崩れて、無排卵の状態が続いているのに、
生理だけはあるという女性も少なくありません。
 
こうした状態が長く続くと、後で赤ちゃんが欲しいと思ったときに、
不妊治療を余儀なくされる可能性があります。
 
卵胞ホルモンであるエストロゲン、黄体ホルモンであうプロゲステロンが
適宜分泌される状態が、女性の理想形なのです。

 
規則正しく、バランスのとれた食事を摂り、睡眠不足とストレスを避け、
身体を冷やさないように注意して、ホルモンバランスを保ちましょう。