不妊治療でプレマリン錠を処方される女性は多いですが、
正しい飲み方をしなければ、望む効果を得ることはできません。


そこで今回は、プレマリン錠の飲み方や飲み合わせについて、
お話ししたいと思います。
 

プレマリン錠とは何か

 
プレマリン錠とは結合型のエストロゲン製剤で、服用することで
生理が終わるころから次の排卵までの間、エストロゲンを増やす働きをします。


スポンサードリンク





不妊症の中でも、卵巣機能不全が原因の女性に処方されることが多い薬で、
プレマリン錠を服用すると卵胞が成熟し、排卵が促されます。

 
その他にもエストロゲンの不足が原因で起こる動悸やほてり、
冷え、頭痛、生理がこないなどの症状を緩和してくれます。
 

プレマリン錠の正しい飲み方

 
プレマリン錠を卵巣機能不全の治療のために用いる場合は、
1日に0.625mgが一般的な量ですが、中には1.25mgまで処方される女性もいます。


一般的な0.625mgの用法の場合は、1日に1~2回服用することになります。

 
錠剤の数や時間は、服用する女性の年齢や症状によって異なりますので、
お医者さまに指示された時間通りに飲むのが基本です。


万が一、飲み忘れてしまったときには気が付いたときに服用します。

ただし、次の服用時間が迫っているときには、その時間から
指示された通りに飲むようにしましょう。

 

その際、間違っても一度に2回分のプレマリン錠を飲んではいけません。


また、お医者さまの指示がないのに、自己判断で服用を止めないようにしましょう。
 

プレマリン錠を飲んではいけないひともいる

 
プレマリン錠も薬剤ですので、禁忌があります。


プレマリン錠を服用してはいけないのは、乳がんや子宮内膜がんなど
エストロゲン依存性腫瘍であるか、その疑いがある、乳がんの既往歴がある、
血栓性静脈炎や肺塞栓症であるか、その既往歴がある、冠動脈精神疾患や


 
脳卒中など動脈性の血栓塞栓疾患であるか、その既往歴がある、
妊娠または妊娠している可能性がある、重篤な肝障害がある、
診断が確定していない異常性器出血がある、

 


スポンサードリンク




治療していない子宮内膜増殖症である女性です。
自分の既往症はきちんとお医者さまに伝え、禁忌を回避してください。
 

プレマリン錠と他の薬との飲み合わせについて

 

プレマリン錠には、同時に飲むと効果をアップさせる薬剤と、
逆に低下させてしまうものがあります。


まず、プレマリン錠との併用で作用をアップされる薬には、「イソフラボン」があります。

 
反対に作用を低下させる薬物成分には、「グリベンクラミド」「グリクラジド」
「アセトヘキサミド」があります。血糖降下薬を服用している女性は、
必ずそのことをお医者さまに伝えましょう。

 

参照:妊娠検査薬反応が出る時期出にくい時期!

参照:胎児しゃっくり位置で逆子?どんな感じ!多い心配?

 

プレマリン錠の副作用について

 

 

プレマリン錠はお医者さまに処方された用法・容量を守り、
短期間服用する分には副作用が起きることはないとされています。


ですが、プレマリン錠を服用して2~3カ月たつと、吐き気や嘔吐、
乳房の張り、不正出血、腹痛が見られる女性もいます。


 
これは、女性ホルモン剤を服用したことで起こる独特の症状です。


この他にも、経血量の変化や発疹、じんましん、血管浮腫、
食欲不振、色素沈着、脱毛、頭痛などが起こることがあります。

また、プレマリン錠の服用を始めて、体重が増加する女性も多いです。
 
これは、エストロゲンの量が増加することで、体内でナトリウムや体液を
蓄積しようとするので、むくみや脂肪を蓄えてしまうことで起こります。


また、不妊治療のためにプレマリン錠を長期間服用することで、
めまいや意識障害、手足のしびれ、膵炎、肝機能障害、呼吸困難、
血圧低下などが起こるひともいます。
 
中でも最も重篤な副作用は、血栓症です。


副作用の発症確率についてのデータがないので、
身体に異変を感じたら、すぐにお医者さまに相談してください。