不妊治療をしていると、hCG注射やデュファストン
という言葉をよく見聞きすると思います。


そして、ひとによってはhCG注射とデュファストンの
服用を併用するように勧められることがあります。


スポンサードリンク





そこで今回は、hCG注射とデュファストンとは何か、
併用することで問題はないのかについて、お話ししたいと思います。
 

妊娠の成立に必要なホルモン

 
hCGとは「human chorionic gonadotropin」の略称で、
日本語では「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンのことをいいます。


hCGは、受精卵が子宮内膜に着床すると、受精卵の表面にある絨毛から分泌されます。

 
分泌されたhCGが卵巣に働きかけることで、
プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌を促します。


この相乗効果で、妊娠が維持できるのです。
 

hCG注射とは何か

 
hCG注射で薬剤を体内に注入すると、黄体ホルモンの分泌を促します。



プロゲステロンの分泌に異常があるひとの多くが黄体機能不全なのですが、
人工的に黄体ホルモンの分泌を促せば、妊娠しやすい体内環境を整えることができます。
 

また、受精卵が着床できたときに黄体ホルモンの分泌量が少ないと、
子宮内膜がはがれやすくなってしまいます。

それを避けるためにも、hCG注射が有効です。
 

またhCG注射には、排卵促進効果もあります。

hCG注射を打つと、約36時間以内に卵胞が成熟し、卵子が排出されるのです。


そのため、排卵障害があって赤ちゃんを授かれない女性に
hCG注射を打って排卵させ、タイミング法による妊娠を狙うという使われ方もします。
 

デュファストンとは何か

 
デュファストンとは、人工的につくられた合成黄体ホルモン剤のことをいいます。



女性は排卵後、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増えることで、
子宮内膜を充実させ、妊娠しやすい状態をつくります。


スポンサードリンク





ですが、ホルモンバランスが崩れると黄体ホルモンの
分泌量が減ってしまうので、それをデュファストンで補うのです。
 

生理不順や無月経といった不妊症にも効果があり、妊娠が成立した後に
子宮の緊張を和らげ、子宮収縮を抑える働きもあります。

そのため、不妊治療から妊娠の維持まで、幅広く活用されています。
 

hCG注射とデュファストンの併用について

 
不妊治療の一環として、hCG注射とデュファストンの併用を勧められた場合、
ホルモン剤を摂取しすぎることで、母子に悪影響がないのかを心配する女性もいることでしょう。


ですが、hCG注射とデュファストンを併用することに、何の問題もありません。

それは、使用目的が違うからです。

 
タイミング法を行うためにhCG注射で排卵を誘発し、受精後に子宮内膜に
着床しやすいように、デュファストンで黄体ホルモンを増やすのです。


妊娠の確率を上げるために、hCG注射とデュファストンを併用するお医者さまは多いです。

 
心配であれば、担当医にその旨を伝えて、納得いくまで説明してもらいましょう。

参照:おしるしから陣痛や出産までの期間と平均

参照:妊娠初期つわりがない流産?妊娠5週6週7週8週目

 

hCG注射とデュファストンの副作用も理解しておこう

 
hCG注射とデュファストンは薬剤ですから、使用することで副作用が出る可能性があります。


hCG注射の副作用の中に「OHSS(卵巣過剰刺激症候群)」というものがあります。

hCGで卵胞が過剰に刺激され、卵巣が肥大化してしまうのです。
 
この他にも、腹痛や腰痛、吐き気、尿量の減少、腹水、胸水が見られることもあります。


デュファストンの副作用には、吐き気や嘔吐、食欲不振、腹痛、発疹、
めまいなどがあげられますが、そのほとんどが軽症です。
 
ですが、ごくまれに血栓症や心不全、
アナフィラキシーショックといった重篤な症状が出るひともいます。


hCG注射やデュファストンを使って、何か不快な症状を感じたら、
我慢せずにお医者さまに相談しましょう。
 

また、不妊治療をする際には必ず基礎体温表をつけ、
体調の変化と合わせて体温の推移もチェックするようにしましょう。