出産後すぐにみられる、悪露。
量も多く、驚く人が多いようです。

また、出血の色も鮮明で心配になってしまいます。

この悪露は、出産を終え子宮が元に戻るための
出血で、中には痛みを伴うこともあるでしょう。

初産婦の方より、
経産婦の方の方が痛いといわれています。

その理由としては、経産婦の方は戻りが早い為です。


スポンサードリンク




出産をし、最後に胎盤が出てきます。

それでも、子宮の中に小さなものが
残ったりしてしまいます。

それが、その出血と一緒に体外に出てくるのです。

小さなかたまり、大きなかたまりさまざまですが、
びっくりしてしまいますよね。

入院中は大きな産褥シートを着用します。

退院する頃には、大きめのナプキンでも
大丈夫なくらいの量に減ってきます。

生理のような出血が2,3週間続くとされています。

だいたいの人は、産後1ヶ月検診で、
出産した病院での診察があります。

その際に出血はなく、子宮も元に戻っていて、
子宮の中に何も残っていない場合は、

しばらくシャワーだった生活から開放され、
湯船にも入れるようになります。

産後1ヶ月間は、細菌の感染の可能性もあるので、
シャワーのみと言われるそうです。

悪露は、匂いも独特で、
生理のような生臭さとはまた違います。

血独特の、鉄の匂いを感じるそうです。

その為、周りへの匂いも気になってしまいますね。

トイレに幾度、または、1時間に一度はトイレに行き、
ナプキンの交換。


スポンサードリンク




そして、

清浄綿などで外陰部も綺麗に保つようにしましょう。

清浄綿は細菌予防にもなるので、
悪露が続く間は使うことをおすすめします。


薬局ですぐ手に入るので安心です。

3,4週間もすれば、茶色いおりものにかわり、
そして透明のおりものに変化します。

しかし、おりものの量が多かったりするので、
おりものシートをつかい、
トイレの度に交換し下着を清潔に保ちましょう。

悪露で早期発見できる場合もあるのです。

1ヶ月で落ち着いてくる悪露が、
だらだらと1ヶ月以上続く場合もあります。

匂いもきつくなってきたり、痛みを伴ったり・・・。

また、産後日が経過しても鮮血が続くなど・・・。

子宮に何かしらの問題があると考えられますので、
放っておかず、すぐに受診しましょう。

ごくまれに、出産時の内容物が外に出てこず、
子宮内に留まっている場合もあります。

その時は、5分~15分の処置で内容物を出すそうです。

次の妊娠に向け、
子宮が妊娠前の正常に戻ることが大事になってきます。

産後、悪露がでて子宮が元に戻るようになりますが、
戻りの悪いことを「子宮復古不全」とよばれます。

すぐに処置が必要になりますので、異常なことに
気がついた場合は、すぐに受診してください。

そして、ごくまれに悪臭の悪露が続いている場合は、
なにかの感染の可能性があります。

子宮内、陰部の感染ですので、匂いがきついなと
感じた時は、すぐに受信しましょう。

悪露、早期発見できる病気もあります。

よく観察し、少しの変化も見逃さないでください。
次の妊娠に向けての体作りの一つです。