デュファストンとは、病院から処方される女性ホルモンのバランスを
整えるための薬で、不妊治療や生理不順の際に処方されることが多いです。

そこで今回は、デュファストンとはどんな薬か、服用すると
どのように身体が変化するのかについて、お話したいと思います。

デュファストンってどんな薬なの?

デュファストンは、女性に対して処方される合成黄体ホルモン剤のことをいいます。


スポンサードリンク




黄体ホルモンは排卵直後から卵巣でつくられ、受精卵が
着床しやすくなるように子宮内膜を柔らかくしたり、体温をあげる働きがあります。

デュファストンを服用すると、体内でつくられる黄体ホルモンと同じ働きをします。

 

デュファストンにはどんな効果があるの?

 
例えば黄体機能不全のための不妊症で悩む女性がデュファストンを服用すると、
受精卵が着床しやすい子宮内膜をつくってくれるので、妊娠の確率を高めることができます。

また、不妊の原因が生理不順や無月経の場合、
生理周期を整えるためにデュファストンを服用します。

 

さらにデュファストンは、切迫流産や切迫早産の際にも処方されます。

黄体ホルモンの働きにより子宮の緊張を和らげ、子宮収縮を抑えることができます。
特に、妊娠初期に処方されることが多いです。

 

デュファストンを服用すると生理周期はどうなるの?

 
女性の生理には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが関連しています。

卵胞ホルモンが分泌されることで排卵を促し、排卵後は黄体ホルモンが
分泌されて子宮内膜を充実させることで、妊娠に備えます。


 
妊娠が成立しなければ、子宮内膜が剥がれ落ち、生理がくるのです。


スポンサードリンク




デュファストンの服用を続けると、子宮内膜が充実した
状態が維持されるので、次の生理がきません。

そのため、一定期間デュファストンを服用し、
数日は止めることで生理を起こすという使い方をします。

 

デュファストンを服用して生理が遅れることもあるの?

 

デュファストンを服用し始めると、生理周期自体が変化します。

生理周期が安定していた女性がデュファストンの服用を
始めることで、生理が遅れることがあります。

 

また、デュファストンの服用を止めたにも関わらず生理が遅れて、
なかなかこない女性も少なくなりません。

ですが単に遅れているだけで、服用中止から
1週間を過ぎるころには、生理がくるのが普通です。

 

デュファストンの服用を止めて1週間以上たっても生理がこない時には、
服用中に排卵がおきたか、黄体機能不全の可能性があります。

すぐに病院に行き、検査してください。

 

デュファストンを服用中に生理がくるのは異常?

 

デュファストンを服用している間に生理がきたとしても、異常ではありません。

すでに生理が始まっているのにデュファストンを服用したり、その効果が
出ないことで黄体ホルモンの量が低いままだと、生理がくることもあります。

残念ながら、生理不順や無月経の女性がデュファストンを服用しても、
排卵を得られる確率は70~80%です。

 

中には、デュファストンの効果が出ない女性もいるのです。
 

デュファストンと生理の関係を理解しておこう!

 
デュファストンは、妊娠前の体質改善から妊娠の維持まで、用途が幅広い薬です。

歴史も古く、汎用性が高く、リスクも少ないですから、
妊娠を望む女性にとってはメリットの大きな薬です。


 

ですが、デュファストンを服用することで、体内の黄体ホルモンが
増加してしまうことから、生理周期には少なくない影響を与えます。

そして、服用した女性の身体の状態によっては、服用中に生理がきたり、
服用を止めたのに生理が遅れることもあります。

 

女性の身体は機械とは違いますので、生理がきたかこないかだけでなく、
その理由をお医者さまとも相談して、自分に合った飲み方を探してください。