生えてきた赤ちゃんの歯を見て、「何だか黄色っぽいかも?」
と思った時には、ケアが必要な状態である可能性が高いです。


そこで今回は、赤ちゃんの歯が黄色くなる理由と
対処法について、お話したいと思います。
 

赤ちゃんの歯が黄色くなる原因

 
赤ちゃんの奥歯が生えてきたとき、
他の歯と比べて黄色くなっていることがあります。


スポンサードリンク





この場合、エナメル質形成不全かもしれません。

 
エナメル質形成不全とは、もともと歯の表面のエナメル質が弱くて、
虫歯になりやすい状態のことをいいます。


エナメル質形成不全は、永久歯で10%、
乳歯だとそれ以下の割合でみられる先天性異常です。


ですが、正しくケアすれば問題はありません。
 

エナメル質形成不全ってどんな病気なの?

 
人間の歯の表面は、身体の中で一番固い、
エナメル質で覆われているものです。


このエナメル質が、何らかの原因でうまくつくられなかった歯を、
エナメル質形成不全というのです。

 
その原因は、お腹の中にいるときにお母さんが病気になったり、
ビタミンが不足したり、栄養が不十分だったり、ホルモン異常だったり、
フッ素などの影響を受けたという先天的なものと、生まれた後に
乳歯が虫歯になったり、顔をぶつけるなどの外傷が理由のことがあります。
 

通常の歯よりやわらかかったり、弱かったりするので、
一度虫歯になると進行も早くなるため、早めのケアが必要です。
 

エナメル質形成不全の治療方法とは?

 
エナメル質がないと、虫歯菌が出す酸で歯がダメージを受けてしまうので、
高濃度のフッ素を塗布することで、歯質を強くするのが基本です。


そのため、定期的に小児歯科などでフッ素を塗る治療を受けるのが一般的でしょう。


スポンサードリンク





歯の一部が黄色くなっていたり、でこぼこしていたり、歯が欠けてしまっている
場合には、コーティング剤やプラスチックを使って、補強や修復をすることもあります。
 

赤ちゃんがエナメル質形成不全かどうかを見極めるポイント

 
エナメル質形成不全は、歯が黄色っぽく見えるのが特徴です。


ですが、歯が濃い白色だったり、茶色っぽい色合いのときにも、
エナメル質形成不全になっている可能性があります。

 
特に歯の裏の白っぽい部分は、
歯石と勘違いされることが多いので、注意が必要です。


乳歯がでこぼこしていたり、穴があいているように見えたり、
歯が欠けている部分があった場合は、すぐに小児歯科を受診して相談しましょう。
 

エナメル質形成不全の赤ちゃんにできるホームケアとは?

 
エナメル質形成不全の赤ちゃんは、どうしても虫歯にかかりやすくなります。



乳歯で虫歯ができてしまうと、永久歯にもよくない影響を与えるので、
ホームケアを徹底しましょう。


まず、赤ちゃんの歯磨きは1日1~2回でよいので、歯磨きシートや
歯ブラシ、場合によってはデンタルフロスも使って、
汚れが残らないように仕上げ磨きをすることです。

 
また、歯ブラシを使える月齢になったら、低濃度のフッ素ジェルを使って、
歯磨きするのもおすすめです。


毎日使い続けることで、歯質を硬くすることができます。

参照:望まない妊娠をしてしまったら流産する方法は?学生10代40代

参照:胎児の成長スピード遅い小さい止まる?食べ物の関係
 

赤ちゃんの歯が生える前にしておきたいこと

 
赤ちゃんの虫歯予防の原則は、酸で溶けにくい硬い歯にすること、
虫歯になりやすい食べものを避けること、虫歯菌に感染させないことです。


エナメル質形成不全の赤ちゃんであっても、フッ素塗布などで
歯の表面を硬くし、虫歯菌に感染しないように配慮すれば、虫歯になることはありません。
 

そのためには、お母さんとお父さんの口の中から、虫歯菌をなくすことが大事です。



きちんと歯科検診を受けて、虫歯があれば治療する、虫歯があるときには
口にキスしたり、箸やスプーンを共有しないなど、大人が手を打てる方法もあります。

 
家族で歯科検診を受けて、赤ちゃんへの感染リスクを減らしましょう。