赤ちゃんの歯磨きをしているとき、
何か白いものがついているのを見かけたことはありませんか?


赤ちゃんの歯についている白いものは、
虫歯や歯石の可能性が高いので注意が必要です。


スポンサードリンク





そこで今回は、赤ちゃんの歯にできる白いものは何か、
それを防ぐためにはどうしたらよいかについて、お話したいと思います。
 

乳歯の裏側にできる白いものとは?

 
乳歯の歯に白いものを見つけたら、まず疑うべきことは虫歯です。



虫歯は黒くなるものと思い込んでいるお母さんも多いのですが、
それは大人の場合で、ゆっくりと進行するものです。

 
乳歯はやわらかく、エナメル質が薄いので、虫歯も早く進行します。


早く進行する虫歯は、白くなってしまうのです。


乳児は痛覚が完成しておらず、虫歯が進行していても痛がりません。
そのため、穴があくまで進行に気づかないことも多いです。

 
さらに乳歯には、エナメル質と象牙質が薄いのに、
神経が大きいという特徴があります。


そのため、虫歯になるとすぐに神経まで進行してしまいます。

そしてもう一つ、乳歯に白くついているものの原因があります。

 
それは、歯石です。歯石は、食べかすや赤ちゃんの唾液の成分、
口の中にいる細菌が絡み合ってできています。


そのため、乳歯であっても歯の裏側に歯石ができることがあります。

 
歯石が歯ぐきより上に付着しているなら、
直接大きな被害が出ることはありません。


ですが、歯ぐきに歯石ができると、歯周病の原因になります。


スポンサードリンク





一度できた歯石は、歯ブラシで磨いてもとれませんので、
小児歯科などでとってもらうようにしましょう。
 

乳歯に白いものをつけないためにできることは?

 
乳歯が虫歯になったり、歯石がつかないようにするためには、
離乳食を始める前から、虫歯予防のケアを始めるのが一番です。


母乳やミルクしか口にしていない時期でも、授乳後に白湯を飲ませたり、
滅菌ガーゼなどで口の中を拭いてあげると、口内を清潔に保つことができます。

 
歯が生え始めたころは、まだ歯ぐきがやわらかく、傷つきやすいので、
歯ブラシなどは使わず、濡らしたガーゼを指に巻き、
歯と歯ぐきをやさしく拭いてあげましょう。


市販されている、ベビー用の歯磨きシートを使うのもおすすめです。
 

上下の前歯が生えそろったら、歯ブラシを使う習慣をつけたいところです。


歯を歯ブラシで磨いた後に、歯磨きシートで拭き取ってあげると、
より効果が高いです。
 

赤ちゃんの歯磨きは、1日1~2回で構いません。


朝と夜など、時間を決めて歯磨きをすることで、
生活リズムの中に組み込んでいきましょう。

参照:妊娠してないのに生理がこない理由!10日遅れる原因

参照:妊娠7ヶ月のエコー顔は出来上がって?性別で男と女の判断は?
 

赤ちゃんに虫歯菌を感染させないことも大切!

 
赤ちゃんは生まれたときには、何の菌も持っていません。


いろいろな菌を保有するようになるのは、生活環境や習慣によるものです。


つまり、生まれたばかりの赤ちゃんは、
虫歯の原因であるミュータント菌を持っていないのです。

 
ミュータント菌に感染してしまうのは、周囲の大人の配慮が足りないからです。


虫歯があるのに赤ちゃんにキスしたり、大人と箸やスプーンを
共有することで、ミュータント菌に感染します。


赤ちゃんができたら、生まれる前にお母さんもお父さんも歯科検診を受けて、
虫歯があったら必ず治療を受けるようにしましょう。
 

そして、おじいちゃんやおばあちゃんに対しても、むやみに口にキスしたり、
自分の使った箸やスプーンで食べものを与えないようにお願いしてください。
 

時代が違うと育児に対する考え方が違うため、知らせておかなければ、
お母さんやお父さんがどれだけ気を付けても、ミュータント菌への
感染リスクを避けることはできません。


乳児のころから虫歯予防をしておくことが、キレイな永久歯を
保つことにつながることを、わかってもらいましょう。