赤ちゃんの歯が生え始めると、そのお手入れ方法が気になりますよね。


乳児のうちからきちんと虫歯予防しておかなければ、
永久歯の生え変わりのときにも悪影響を及ぼします。

 
そこで今回は、赤ちゃんの虫歯を予防するための
お手入れ方法についてまとめておきたいと思います。
 

赤ちゃんの歯が生えたらすぐにお手入れをスタートしよう!

 

赤ちゃんの歯が生え始める時期は、離乳食初期と重なることが多いです。


虫歯の原因は、口の中の食べかすを虫歯菌が分解することです。


スポンサードリンク





生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいませんが、
お母さんやお父さんが口にキスしたり、大人が舐めたスプーンで離乳食を
与えることで感染するので、歯が生えた時点でケアをすることが大切なのです。
 

親御さんの中には、
「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるのだから、それほど神経質にならなくても」
と考えるひともいるようです。

 
ですが、乳歯のうちに虫歯菌が口の中で増えていると、
生えてきた永久歯が虫歯になる確率は格段にアップします。


だからこそ、歯が生えたらすぐにお手入れを始めるのがベストなのです。
 

歯が生え始める前のお手入れ方法

 
生後5~6カ月でまだ離乳食を与えていない時期から、
歯のお手入れを習慣にしておきたいところです。


母乳やミルクを飲んだ後に白湯を飲ませたり、濡れたガーゼや
滅菌シートで口の中を拭くことを習慣づけておくと、
その後のケアが進めやすくなります。
 

歯が生え始める生後6ヶ月以降のお手入れ方法

 
歯が生え始める時期には、離乳食を始めていることが多いと思いますが、
まだ前歯でものをかみ切っているわけではありません。


とはいえ、食べかすが残る可能性が高いので、濡らしたガーゼや
滅菌シートで、生えている前歯と歯ぐきを、やさしく拭いてあげましょう。
 

離乳食後期にあたる清吾10ヶ月以降お手入れ方法

 
離乳食後期には、上下の前歯4本が顔を出しているのが一般的です。


スポンサードリンク




離乳食も1日3回に増え、形ある食べものが増え、
授乳回数が減っていますので、食後はケアが必要です。


このころからは拭き取りシートだけでなく、
ベビー用の歯ブラシを使うようにしましょう。
 

前歯が生えそろう1歳以降のお手入れ方法

 
前歯が生えそろうころには離乳食も完了期を迎え、奥歯がのぞく子も増えてきます。



自分で歯磨きしたがる子も多いですが、自分ではきちんと磨ききれないので、
お母さんやお父さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。
 

奥歯が生える1歳6ヶ月以降のお手入れ方法

 
奥歯でものをかむようになると、食べかすが残りやすくなります。

自分で歯磨きさせた後、必ず仕上げ磨きをしてあげましょう。

歯磨き後のうがいにも、少しずつチャレンジしておきたいところです。


 
参照:妊娠検査薬の陽性で気をつけること!間違いは?

参照:妊娠した時の基礎体温の特徴!下がった上がらない二段階

 

虫歯予防のために覚えておきたいこと

 
乳歯の虫歯は、奥歯と奥歯の隙間など、仕上げ磨きをする
お母さんやお父さんにも見えにくい場所にできやすいものです。



大人の虫歯は黒くなり、ゆっくりと進行するのですが、
乳歯はやわらかいので進行が速いため、白くなります。


乳児は痛覚ができあがっていないので、痛みを感じず、
気が付くと穴が開いていることも珍しくありません。
 

乳児の虫歯を予防するためには、まず歯磨きの習慣をつけ、
お母さんやお父さんがしっかり仕上げ磨きをすることです。


次に、虫歯菌の感染を避けるため、赤ちゃんが産まれる前に
お母さんもお父さんも歯科検診を受け、虫歯があったら必ず
治療を受けておき、赤ちゃんへの感染リスクを減らしてください。
 

離乳食が進むと使える食材や調味料が増えてきますが、
甘いものを多く食べさせると、虫歯菌が食べかすを分解する
スピードがアップし、虫歯の進行が速くなります。


欲しがるからといって、甘いものを多く食べさせるのは止めましょう。