生後5ヶ月~6ヶ月になり、大人が食事をしているのを見て、
赤ちゃんがよだれをたらすようになったら、離乳食を始めるタイミングです。


そこで今回は、離乳食の進め方の基本のほか、
離乳食初期の進め方や献立について、お話したいと思います。
 

離乳食の進め方の基本

 
離乳食は月齢と進み具合によって、初期・中期・後期・完了期に分かれます。


スポンサードリンク






離乳食初期は口に入れたものを飲み込むだけ、中期は食べものを
かみ始めようとする、後期は歯や歯茎を使って食べものをかもうとする、
完了期は大人と同じように咀嚼できるようになる時期をいいます。
 

使える食材も調理方法も、離乳食の時期によって異なりますので、
段階的に進めていかなければなりません。
 

離乳食初期のスケジュール

 
離乳食を始めるときには、午前中の授乳を
1回離乳食に置き換えるのがポイントです。


1回目の離乳食の時間が午前10時ころになるように、
赤ちゃんの1日のスケジュールを組み立ててあげるとよいでしょう。
 

この時間帯だと、離乳食を与えてアレルギー症状が出たときでも、
小児科で診察を受けることができるので安心です。
 

離乳食初期の進め方

 
離乳食初期は、赤ちゃんにとって初めての食材が続く時期です。


離乳食は、お米が1で水が10の割合でつくる、
10倍がゆからスタートしましょう。


1日1さじからスタートして、2日目は2さじ、3日目も2さじ、4日目は3さじ、
5日目も3さじと、赤ちゃんに負担がかからないように進めていきます。
 

離乳食を食べるということに慣れるまで、1週間はかかるので、
あせらずにゆっくり慣らしていきましょう。

赤ちゃんがおかゆに慣れてきた2週目から、
野菜を1種類ずつ増やしていきます。

 
にんじんやかぼちゃ、ほうれん草などと茹でてからすりつぶし、
10倍がゆの合間に食べさせます。


スポンサードリンク





こちらも、味に慣れるまで1日1さじずつ増やしてあげるようにしましょう。


このときには、与える野菜は1日1種類ずつの方が、
赤ちゃんの好みを知る上でもよいと思います。
 
離乳食4週目に入ったら、野菜のペーストを組み合わせて与えます。


ほうれん草をさつまいもと混ぜることで、食べやすくなります。


野菜スープをストックしておき、それから複数の野菜を取り分けて、
すりつぶしてあげるのもよいでしょう。
 
そして、おかゆと野菜を食べることに慣れて来たら、豆腐や
白身魚といった消化のよいたんぱく質を与え始めます。


このときも、1回1さじからスタートしましょう。

参照:妊娠7ヶ月お腹の張り痛みの頻度!原因は胎動?

参照:胎児の大きさ平均!妊娠7週8週12週13週15週

 

離乳食初期の量の目安と献立

 
離乳食初期は、1日1さじからのスタートなので、
最初の献立は10倍がゆのみです。

 
離乳食8日目なら、10倍がゆ小さじ4さじと、にんじんなどの
野菜が小さじ1さじ、15日目ならかぼちゃがゆなど野菜を入れた
 
10ばいがゆ小さじ6さじと、ほうれん草が小さじ1さじ、22日目なら
にんじんがゆ小さじ7さじに、さつまいも小さじ1さじに豆腐を
小さじ1さじ加えるなどと、段階的に増やしていきます。

ただし、離乳食初期に使える食材はある程度限定されます。


 

炭水化物ならお米やじゃがいも、さつまいも、野菜なら人参と玉ねぎ、
かぶ、ほうれん草の葉の部分、白菜の葉の部分、小松菜の葉の部分、
ブロッコリー、トマト、キャベツ、かぼちゃ、たんぱく質なら豆腐やタイ、ヒラメ、カレイなどです。


白身魚でもタラは離乳食初期には適さないので、与えないようにしましょう。
 

また、離乳食初期でも果物の中には、生で与えられるものがあります。

 
りんごやいちご、ミカン、バナナ、すいか、ぶどう、なしなどです。

果汁を飲ませることからスタートし、酸味が強いものは電子レンジで加熱して、
甘みを引き出してから与えると、喜んで食べてくれるはずです。


ぜひ、試してみてください。