妊娠超初期症状は、
だいたいは気づかないと思います。

排卵し、受精すると、
体に少しの変化が起こります。


スポンサードリンク




あれ?もしかして妊娠かも?
と気づく頃には、もう2ヶ月、3ヶ月

となっていたりします。

妊娠を疑う理由として、生理が遅れている
一番の理由だと思うのですが、

実はその前に体は日々変化しているのです。

その妊娠超初期症状について調べてみました。

・匂いに敏感になる
・風邪に似た症状
・熱っぽい
・眠たい


以上が、妊娠超初期症状です。

生理前の症状にも似ていて、
また風邪の症状にも似ているので
区別がつけにくいのが事実です。

風に似た症状なので、薬を服用してしまったり・・・。

といっても、この頃の赤ちゃんへの
薬の影響は少ない
とされています。

しかし、薬の種類にもよりますので、
注意が必要です。

早く、妊娠に気づく事で、
防ぐことも出来ます。

妊娠をいち早く気づくには、
基礎体温の記録が一番正確になってきます。

といっても、ある程度の記録が必要になってきます。

基礎体温を毎日つけることで、少しの体の
変化にも早い段階で気づく事ができるのです。

またつわりも個人差はありますが、早い人で、
4週頃から始まる
方もいます。

妊娠4週というと、生理予定日くらいの時です。


スポンサードリンク




生理前のように、お腹がチクチクと痛んだり、
胃がムカムカ
したりなど・・・。

つわりの症状が見られることもあります。

また、生理予定日頃に生理とは別の出血がある場合。

着床出血が考えられます。

出血する期間も、量は少ないものの、
1週間くらい続きます。

ですので、生理と勘違いする場合もたくさんあります。

しかし、必ず着床出血するのではありません。

どちらかちうと、着床出血するのはごくわずかで、
着床出血しない人もたくさんいます。

もし、あれ?妊娠かも?という症状を感じた場合は、
ドラッグストアに売っている妊娠検査薬で
調べることをおすすめします。

妊娠初期の場合は、お腹も目立たないので、
周りの人にも気づいてもらえず、
辛い思いをするかもしれません。

つわりがひどくて、職場にも迷惑かける場合も
あることと思います。

また、安定期まではまだ少し時間があるので、
安定するまでは周りに報告したくないと
思いがちですが、どうしても無理な時も出てくるでしょう。

そういう場合は、一人で無理をせず、
会社の上司の人にだけでも妊娠したことを
お話すると、気持ちも、体も楽になると思います。

また、妊娠がわかったと同時に、
食べ物にも変化が見られることがあります。

今まで好きだったものが食べれなくなったり、
食べると気持ち悪くなったり・・・。

食べていないと気持ち悪い
(食べつわり)などの症状もあります。

また、甘いものが大好きになったり、
すっぱいものがやたら食べたくなったりと・・・。


妊娠がわかった時点で、情緒不安定にもなってきます。

出来るだけストレスをためることなくすごしてください。

最後に、妊娠超初期症状の一つ、かゆみ。

これは、妊娠によって胸が大きくなってきます。

急激に大きくなったりすることで、かゆみが伴うのですが、
かゆい時には、クリームなどを塗って保湿するといいでしょう。

妊娠線ができる前にも、かゆみが出てきます。
早いうちからの対策が肝心です。