自閉症の子供と接する時にどのように対応をすればいいのか
分からないと言う場合もあると思います。

そんな時の為に今回の記事が参考になればと考えています。

 

【話をする時には、どういった事に気を付ければいいのか?】

 
まず、自閉症の子供と話をする時には、
どのような事に気を付ければ良いのかについて解説をします。

まず、自閉症の子供は聴き取りを不得手とするケースが多く
見られると言うのを頭に置いておいた方が良いと言えます。


スポンサードリンク




よって、子供に対して伝わりやすい様に簡潔に話す事が
大事になって来るようです。

 

その時には肯定的な言い方をした方が良かったりします。

否定的な言い方を続けてしまうと、自分に自信が持てなくなって
しまったりする事等もあったりするのです。

 

更には怒鳴ったりをしてしまう事も避けた方がいいです。

怒る時には落ち着いて指示を与える事が肝心になると
言う事を知っておくべきだと言えます。

 

他にも言語だけではなく、目に見える形で伝えたりするのも
一つの方法ではないかと思います。

子供によっても異なりますが、自閉症の場合は絵等を利用したほうが、
学習が上手く行きやすかったりすると言う事もあったりするようです。

 

この時、注意をしておきたい点としては自閉症の場合は、
一度に複数の情報の処理をするという事が得意ではないと言う事です。

よって、絵等を提示した後で言葉によって情報を補足するのであれば、
相手が絵を見終わった後等にする事が無難なようです。

 

加えて、自閉症の子供は目を合わせるのを
避けようとしたりする事があるそうです。


大人が自閉症の子供に接する時に、どうして目を合わせてくれない
のだろうと考えてしまう場合もあったりすると思いますが、
事前知識があれば配慮もしやすかったりします。

 

少なくとも無理に目を合わせる事を強要させてしまうと
言う様な事態は避けられるのではと思います。

 

【自閉症の子供の行動について】

 
自閉症の子供は、何らかこだわりがあったり
するのが特徴として見られたりします。

それが中々理解しづらい行為であっても、周囲の迷惑に
なっていないのであれば、自分を安心させる為の行動
だったりするので許容してあげることが大切だったりします。

 

また、自閉症の子供はパニックを起こしてしまう事等があります。


スポンサードリンク




パニックを起こしてしまう原因は、子供によって異なっているようですが
突然大きな音がしたり、或いは空気を読む事が苦手だったりするので
何をしていいか分からなくなってしまったりする事等があるようです。

 

パニックを起こした時に体を抑えつけようとすると、却って悪い状況に
なってしまったりするので注意をする事が必要です。

もし、パニックになってしまったら落ち着かせる為にも
静かな所に場所を移した方が良い様です。
 

【自閉症の子供と接する時に避けた方が良い事について】

 
自閉症の子供は、急に予定が変わってしまうと
不安になってしまったりするそうです。

その為に出来れば急な変更は避けたい所ですが、色々な事情が
絡んでそうは行かないと言うケースもあると思います。

 

よって、もし予定が変わったと言う場合は、その子供に事前に
きちんと説明をしてあげる事が大事になります。

 


参照:着床出血の時期

参照:重度の自閉症特徴とは?

 

予定が変わったと言う事が確定したケースだけではなく、
そのような可能性があると言う場合でも説明をしておいた方が無難です。

 

そうする事によって、自閉症の子供が予定の変わってしまった事に対して、
対処をしやすくなったりするようです。

 
自閉症の子供には、一般的な特徴があったりするのでそれを事前に
知っておくだけでも接しやすくなったりする場合もあると思います。

少なくとも、そう言った知識がないという状態と比較をすると
戸惑わなくて良かったりするのではと考えています。

 

もし、実際に自生症の子供と接する機会があると言う場合は、
その知識を踏まえた上で臨機応変に対応する事をお勧めします。