自閉症の子供の診断をする為のチェックテストに
関して解説して行きたいと思います。

今回はテスト形式の物からご自身で子供をチェックして行う物、
それに加えて実際に病院で行われている検査の方法等を紹介いたします。

 

【ご家庭の子供が自閉症かどうかご自身で観察をするという方法】

 
自閉症の子供の特徴等に合致しているかどうかをご家庭で
観察すると言う方法もあったりします。


スポンサードリンク




しかし、これは子供が自閉症であると断定をする物ではなく、
あくまで自閉症かどうか保護者の方が検討をされる際の参考で
あると言う事を覚えておいた方がいいです。

 

また、家族間でチェック等を行う事によって、主観的になってしまう
可能性があると言うのも注意点だったりします。

それでは自閉症の子供にはどういった特徴があるのかと言うと、
視線を合わせようとしないと言う事が言えたりをします。

 

これは子供と親しくない人だけに該当するのではなく、
保護者でも目が合わなかったりするようです。

また、言葉の習得等が遅れてしまっていたりするという
特徴も見られたりをします。

 

言葉の発達にはそれぞれのペースがありますので、保護者の方は
自分がどうだったかと言うのを聞いてみるのも良いと思います。

更に自閉症の子供は同じ事を繰り返したがる等のこだわりがあったりするようです。


 
例えば、いつも玩具を同じ場所に置きたがったりであるとか、
毎日同じ服を着たがったりしたり、同じ道を通りたがったりである等、
子供によって示すこだわりは様々だったりします。

他には同い年ぐらいの子供とは遊んだりをせずに独りでいたりすると
言う場合があったりするようです。

 

加えて、保護者と離れるのを拒んで、その後を追ったりをする等と
言う行動がなかったりします。

まわりに対してあまり関心がなかったりすると言うのも特徴と言えるかも知れないです。

 


上記で解説した以外にも自閉症の子供の特徴となる点はあったりするので、
気になると言う方はチェックしてみるのも良いと思います。

 

【子供が自閉症かどうか判断する目安となるテストに関して】

 
子供が自閉症かどうかを判断する目安となるテストがあります。

これはご自宅でネット等を活用することによって、
受けられたりするテストもあるようです。

 

注意点としては、これは子供が自閉症である可能性が高いかどうかとする物なので、
きちんとした診断が欲しいと言う場合は専門機関に行く事をおすすめします。

まず、CHATというテストがあり、これは子供に代わって親が
質問の答えを書いて行く事になります。

 

このテストに掛かる時間は10分程だとされているようです。

ちなみに、こちらを改正したのがM-CHATと言うテストになります。

 

このテストは全部で23問の質問にはい・いいえで
答えて行くと言う形式になっております。


スポンサードリンク




こちらのテストは比較的簡単に行う事が出来ると思います。

 

【子供に対して病院等で行われる自閉症かどうか診断する為の検査について】

 
病院等では自閉症かどうかを診断する為にどういった
検査を行っているかを幾つか解説をします。

また、どのような検査を行っているかは病院等によって違っていたりします。


 
まず、言語能力に関する検査は、
TK式ノンバーバル検査やWISC‐Ⅲ等の検査があります。

また、絵画検査と言う方法もあり、
これは診断を受ける子供側に絵を書かせたりをします。

 

そうする事によって、知性の発達度合いに関して調査をしたり、
自閉症であるかどうかの推測を行ったりするのです。

この他には発達検査を行ったりであるとか、
MIRを使用して検査をしたりする事もあるようです。

 

参照:つわり症状平均いつからいつまで?

参照:妊娠以外の生理

 
もし、子供が自閉症かどうか診断をしたいと言うなら病院等で
検査を受けた方が良かったりをします。

しかし、ご家庭の子供が自閉症かもしれないと考えた時にその特徴を知り、
行動を観察する事や目安となるテストを行ってみたりするのは、
参考になったりすると思います。


 
ただ、あくまで参考に留めておき、
はっきりとした診断は専門家に任せた方が無難と言えます。