【自閉症スペクトラムの幼児は、どのような症状が見られるか】


 

自閉症スペクトラムの幼児はどのような症状が
見られるのかと言う事について説明します。

まず、言葉の遅れが見られたりするようです。

 

話をする時も一方的になってしまったり、
オウム返しになってしまったりしたりする事が見られるようです。


スポンサードリンク




また、名前を呼んでも振り向かなかったり、
無表情だったりする場合があるようです。

更に中々目を合わせなかったり、友達とではなく1人で
遊んでいたりする事もあったりするようです。

 

こう言った対人関係やコミュニケーションの部分で
症状が見られたりする事もあるようです。

加えて、強いこだわりがあったり等をして、
同じ事を繰り返したがったりする場合もあります。

 

パニック等を起こしてしまう場合もあるそうなので、
どういった原因で起きやすいのかと言うのを
考えたりする事も大事です。

他にも空気を読みにくかったりするようです。

じっとしている事が苦手で、
落ち着きがなかったりする様なケースもあります。

 

これらの症状が見られないかと言う事を保護者の方は
観察をしておくのも良いと思います。

しかし、これらの症状に該当したからと言って、必ずしも
自閉症スペクトラムと言う訳ではないのです。

 

しかし、下記で紹介しているテストを
受けるきっかけになるのではと思います。

また、自分の子供が自閉症スペクトラムに該当するのではと思ったら、
テストだけではなく専門病院等で診断を受ける事も大事です。

 

自分だけで判断してしまわない様にした方が良いです。

 

【自閉症スペクトラム指数とは】


 
自閉症スペクトラム指数と言う言葉を聞いた事がある人は、
少なくないのではと思います。

こちらを判定する事によって、自閉症スペクトラムの
傾向の高低を測って言う事になるようです。

 

どのように測定して行くのかと言うと、
全部で50問の質問に答えて行く事になります。

これは大人を対象とされてものであり、インターネットを
使用することで受ける事も出来たりするようです。

 

自閉症スペクトラムの場合は、
33点以上だった際には傾向があるとされています。

点数が高い程、その傾向は強いと言われているようです。


スポンサードリンク




自閉症スペクトラム等には該当していない、
一般の方の場合は20点前後が平均となるようです。

 

注意点としては、こちらは自閉症スペクトラムであると
断定する物ではないと言う事です。

あくまで、その傾向があるかと言う事を
判断する目安となっているようです。


 
自分が自閉症スペクトラムかどうかを、はっきりと診断を
したいと言う場合は専門病院等で検査を受けた方がいいです。

 

【幼児が対象のテスト】


 
上記で紹介した物は大人が対象となりますが、
幼児が対象とした物ではどのようなのがあるかと言うと、
CHATと言うのがあります。

こちらは本人の代わりに親が記入して行く事になります。

 

こちらに掛かる時間は10分程度だとされています。

CHATを修正した物がM-CHATになります。

こちらは全23問となっており、同じ様に親が記入して行きます。

こちらも自閉症スペクトラムであると確定したと言うのではなく、
目安となっています。

 

自分の子供が自閉症スペクトラムに当たるのではと考えた場合は、
早い段階で対処を受ける為にも専門病院等を受診させる事をお勧めします。

 
自閉症スペクトラムの症状に関して知識を持っている事や、
自閉症スペクトラム指数を測定する事によって、
早い内から専門機関で子供の診断をする事にも繋がったりするようです。

 

それによって、早い段階から療育等受ける事が可能になったりしたりします。

自閉症スペクトラムは、早期による対応が大事になって来ると
言う事を知っておいた方が良いと言えます。

 
自閉症スペクトラム指数!幼児の点数については以上になります。