子供が自閉症スペクトラムの場合は学校で
勉強するに当たっては、その方法だけではなく、
周囲の配慮や環境等も大事になって来ます。

 

そこで、今回はその辺りも含めて解説して行きたいと思います。


スポンサードリンク




 

【自閉症スペクトラムの場合の就学先について】


 
小学校に進学する際は通常学級、特別支援学級、
特別支援学校等といった子供がどのような環境が
適切かと言う事を判断して行かなくてはならないのです。

子供が自閉症スペクトラムだった場合は、
どのような環境が望ましいかと言う事を専門家と
相談しあって決めて行く事が必要になります。


 

また、診断書等は医療機関によって書いてもらった方が
学校側でも対応がしやすくなったりします。

就学をする前に診断書等はもらっておいた方が良いと言えます。

更に通常学級や特別支援学級、特別支援学校はそれぞれ
長所や短所があったりするので、それを踏まえて子供の
将来等を考えて判断して行く事が大事になります。



 

【自閉症スペクトラムの小学校での対応について】

 
自閉症スペクトラムの子供が小学校で勉強する場合は、
周囲の方の理解やサポートが必要だったりします。

この様な対応がなかった場合は、子供が学校で
過ごしにくくなってしまう事も考えられます。

 

小学校において、子供が勉強をする為にもどのような
対応をして行けばいいのかを説明したいと思います。

例えば、小学校で給食等を残してしまったり等の
行動が見られたりします。

 

自閉症スペクトラムの場合は、偏食だったりする事があります。

初めて見る食べ物に対しての拒否感を示したり、決まった物しか
食べられなかったりする事もあるそうです。

この様なケースでは無理やり食べさせるのではなく、
徐々に食べられるようにして行くようにすると良いようです。


 

また、パニック等の行動を起こした場合はどうすればいいのかと言うと、
一旦周囲から離れさせてあまり刺激のない静かな所等に移動させて、
落ち着くのを待ったりをします。

その後でパニックになってしまった要因やそれに
どのように対処をすればいいのかを考えて行ったりをします。


 

加えて、保護者の方はどのような事が要因でパニックに
なりやすいのかと言う事や気を付けてほしい事等を
文章に書き起こして、先生方に見てもらう等と
言った事をするのも良いと言えます。

 

この他にも、周囲が理解ある柔軟な対応をして行く事によって、
小学校で勉強等をして行きやすくなったりするようです。


スポンサードリンク




 

【自閉症スペクトラムの小学校での勉強法】


 
自閉症スペクトラムに該当する子供の場合は、興味があったり、
得意だったりする分野が勝ったよっており、苦手な分野と
成績等に差があったりする事が多いようです。

こう言った場合は、苦手分野よりも得意だったりする分野を
中心に伸ばして行く事になります。

 

得意分野を伸ばす事によって、成功体験が重なったり等をして
自信がついたりする事にも繋がったりするようです。

自宅で勉強する際も子供によってどのような勉強方法が
適しているのかと言うのは変わって来ます。

 

どの方法で勉強するのが向いているのかをしっかりと
検討してあげる事も大事になります。

 

その際は環境も整えてあげて、
自分のページで行う事が大切となったりするようです。

また、自閉症スペクトラムの場合は視覚によって
勉強した方が理解がしやすいと言うケースもあります。

 

例えば、絵や記号等を使用して行ったりする学習方法を
行ったりすると効率が良かったりするという場合もあるそうです。

しかし、自閉症スペクトラムの子供が全て視覚による学習に
向いていると言う訳ではないので、本人がどのような物で
あれば理解しやすいのかと言うのは反応を見ながら、
模索をして行くと良いと言えます。

 
自閉症スペクトラムの小学校での勉強法については以上になります。