【自閉症スペクトラムの特徴】

 

 

まず、自閉症スペクトラムの特徴について解説して行きたいと思います。

保護者の方は自分の子供が自閉症ペクトラムではないかと
考えられましたら、病院で診断を受けさせる事をお勧めします。

 

どのような検査があるかと言う事は下記にて、
紹介いたしますのでご参考にして頂けたらと思います。


スポンサードリンク




尚、自閉症スペクトラムは早い段階で対処をされて行く事が
大事だとされていると言う事は知っておいた方が良いと言えます。
まず、自閉症スペクトラムの子供の場合は言葉の発達が遅れていて、
意味のある言葉等を中々覚えなかったりする様な場合もあるそうです。

また、話をしても一方的な物になってしまったり、あまり自分から
話をする事がなかったり、オウム返しが良く見られたり等をすると
言うコミュニケーションの面で特徴が見られたりするようです。

 

また、中々目が合わなかったり、周囲の人への
関心を示す事が少なかったりするようです。

よって、友達とではなく、一人で遊んでいたりする場合が
ある等と言う対人関係の面での特徴があったりします。

 

更に決まった習慣等を行いたがったりすると言う
強いこだわりがあったりすると言う特徴が見られたりもします。

他にも落ち着いていられずに動いてしまう等の多動等の
症状が見られたり、食べられる食品が偏ってしまっていると
言うケースもあるようです。

 

注意点としては、これらの特徴が見られたからと言って
自閉症スペクトラムであるとは限らないと言う事です。

自分で判断してもらうのではなく、医療機関等で
検査を受けて診断をしてもらった方が良いと言えます。

 

【自閉症スペクトラムの検査について】

 

それでは、自分の子供が自閉症スペクトラムではないかと
考えたら、検査を受けた方が良いです。

その時は専門病院で診断を受けた方が良いと言えます。

 

信頼をする事が出来る医師に診断をしてもらう為には一つではなく、
幾つかの病院を受診した方が良いかも知れないです。

さて、自閉症スペクトラムにはどのような検査の方法が
あるのかと言う事について解説をします。


スポンサードリンク




まず、自分が自閉症スペクトラムであるかどうかと言う
目安となる物としては、自閉症スペクトラム指数(AQ)と
言う物があります。

こちらは全50問の質問事項に答えて行く事となり、
掛かる時間は5分ほどであるとされています。

 

ちなみに、こちらは大人が対象となっているようです。

このテストの点数によって、
その傾向があるかどうかを知る目安となるのだそうです。

 

あくまで、このテストは確定診断ではないと
言う事を忘れない様にしておきたい所です。

こちらは自宅でインターネットを活用して、
受ける事も出来たりするようです。

 

大人ではなく、子供を対象とした物としてはCHATと言うのがあり、
親が記入して行く事になります。

これに修正を加えたのが全24問の質問に答えて行くM-CHATであり、
こちらも同様に親が記入して行く事になります。

 

注意点としては成人を対象にした物と同様に
確定診断ではないと言う点です。

この他、受診する病院や医師によっては詳細が異なって来るようですが、
言語検査や行動検査、絵画検査や発達検査があるそうです。

 

例えば、言語検査ではITPA検査と言う物があり、
これは全10項目を確認して行く事になるようです。

また、発達検査には子供の発達年齢を調査する
新版K式発達検査と言う物があります。

 

更にMRI等によって検査をして行く事もあったりします。

ここに挙げた物はあくまでも一例であり、
自閉症スペクトラムを検査する方法は様々あるようです。
自閉症スペクトラムの診断基準については以上になります。


 

自閉症スペクトラムは早い段階で発見をして、
療育等を受けて行く事が大事になるそうです。