出産を終え、1ヶ月程度は悪露も続きます。

1ヶ月もすれば、悪露もある程度落ち着きます。

産後一週間は、悪露の量も多く驚いてしまう方も
いると思いますが、時間が解決してくれます。


スポンサードリンク




そして、産後の生理は、個人差があり、
何ヶ月後というはっきりとした数字は出せません。

早い人で、産後1ヶ月半で始まる人もいるようです。

また、母乳での育児をしている方は、
ホルモンの傾向で生理がしばらくないこともあるのです。

産後しばらくは、無排卵の生理が多く、
妊娠する確率は少ないとされています。

しかし、ごくまれに、排卵をする生理もありますので、
妊娠を望む以外は、必ず避妊が大事になります。

産後の、子作りに関しては、一度生理を
見送ってからとおっしゃる産婦人科の先生もみえます。

なれない育児の中、妊娠発覚すると、
心身ともに余裕がなくなるのを防ぐ為です。

産後、生理が理由の出血以外にも、
いろいろな病気の出血も考えられますので、

心配なことがあれば、
すぐに病院に行くことをおすすめします。

そして、妊娠前生理周期が安定していた人でも、
不安定になる場合もあります。

逆に、不安定だった人が安定してくる場合もあります。

また、産前産後で、生理痛にも大きく変化が
出てくるようです。

それも、個人差がありますが・・・。

母乳をあげている人でも、だいたい1年以内には
生理がくるとされています。

しかし、1年経過しても生理がこない場合は、
病院へいくのがいいでしょう。

また、産後は、不安定にもなっていますので、
妊娠しやすいという噂も存在します。

たしかに、産後しばらくは、排卵をしないので、
生理も来ません。

しかし、排卵後の性行為で、
妊娠する確率もあります。


スポンサードリンク




生理が、しばらくなかった為、
気づくの遅くなってしまいがちですが、
あれ?もしかして。と思った頃には、
3ヶ月、4ヶ月
になっていることもあるでしょう。

妊娠のような症状を感じたら、
薬局に売っている妊娠検査薬などで、
調べると良いでしょう。


生理不順の原因にも、ストレスが関係しています。

毎日の育児、パパに対してのストレスなど、
なにかしらあると思います。

ストレス発散する時間もないほど、
お母さんは忙しい毎日を送っていると思います。

出産を経験することで、生理痛が
ひどくなったという人もいると思います。

また、生理の量もかわってきます。

10ヶ月の間で、おなかの中には赤ちゃんが
成長し、出産できる体に変化してきました。

そして、産後同じ時間をかけ、だんだん、
妊娠前の体に変化していくのです。

その間にも、慣れない育児、
寝不足などたくさんの問題があります。

体を元に戻すためにできることは、
まず、栄養をしっかりとること。

規則正しい生活を送ること。

睡眠もままならない時期もあると思います。

そんな時は、家事を少し手抜きし、
赤ちゃんとお昼寝してしまうのもいいですよ。

頑張りすぎず、生き抜くことも忘れず、
上手にストレスを溜めないように工夫するといいですね。