■いよいよ陣痛の始まり?前駆陣痛

 

出産が近づいてくると時々陣痛に似たような
不定期なお腹の張りを感じる時があります。


一般的にその張りの事を前駆陣痛と呼んでいます。

 

前駆陣痛は不定期な張りがやってきて妊婦さんは、
一瞬本当の陣痛が来たんじゃないかと錯覚していまいます。


スポンサードリンク




そんな本陣痛と勘違いしてしまう前駆陣痛とは、
どんなものなんでしょうか?

前駆陣痛とは医学的には偽陣痛と呼ばれていて、
もちろん本陣痛とは違いお産には繋がらない陣痛です。


 

前駆という言葉からもわかるように前駆陣痛は、
本陣痛の予行練習のようなものです。

妊婦さんはこの前駆陣痛を経験し出産に向けて
体を少しづつ慣らしていくための準備運動と
いったところです。

 

この前駆陣痛人によっては妊娠後期に入って、
すぐから感じる人もいるようで早産に繋がるのでは
ないかと度々不安も感じたりすることがあるようです。

でも前駆陣痛は本陣痛には繋がらいので妊娠後期に、
張りを感じたら痛みの時間と間隔を時計などで測るといいでしょう。


 

■初産婦と経産婦の違いは間隔?

 

これまでにも色々話してきたように出産の予兆は
腰痛や便秘などに始まり前駆陣痛を経て、
おしるしや時には早期破水し本陣痛を迎えます。

陣痛を迎えるまでのその過程は初産婦も経産婦も
関係ありません。


 

しかし初産婦と経産婦では大きな違いがあります。

それは陣痛の始まりから赤ちゃんが出てくるまでの時間です。

それは一般的に子宮口の開くスピードが関係あります。

 

陣痛がスタートしても子宮口の開きが遅ければ、それだけ
陣痛の時間も長くなり妊婦さんの体力は消耗されます。

子宮口の開くスピードそれが初産婦と経産婦で大きく
違いやはり一度でも出産を経験していると子宮口は
開きやすくなっており陣痛の間隔はスムーズに進み
出産までの時間も短く済みます。

 

なので初産婦の人だと出産経験がないので子宮口は
開き辛くどうしても陣痛の時間は長くなります。


そんな長い陣痛の時間いかに気分を紛らわせながら
乗り越えるかがもうすぐ出産をむかえる人には金になる
ポイントでしょう。


 

■これが陣痛!張り・便秘・生理痛

 

そんな陣痛の快適な過ごし方をお話する前に陣痛に
ついて先に触れておきたいと思います。

そもそも陣痛と一言で言いますが陣痛・出産って
どんなものなのでしょうか。



スポンサードリンク




 

出産を経験した人が言うには、鼻から大きなスイカを
出すようなものだとかすごく辛い便秘が解消された
爽快感だとか聞きます。

陣痛に関しては比較的楽な人ではちょっと重い生理痛
だとかひどく辛い下痢だとか今までに感じたことのない
激痛だとか例えられたりします。

 

陣痛の痛みは人によったり体質にもよったり違いは
あるようで自分の陣痛の痛みはその時を迎えないと
わからないでしょうね。

あと、面白いもので出産時の痛み
(陣痛も含め産後の後陣痛など)は出産毎に違いが
あり毎回同じような出産の痛みという訳ではなさそうです。

 

自分はどんな痛みなんだろう。

不安に感じる人も多いかもしれませんが自分しか
経験できない陣痛はどんなものか楽しみに
迎えるのもいいかもしれませんね。

 

■陣痛を少しでも楽に過ごすには?

 

それでは辛い痛い陣痛をいかに快適に過ごすかと
いう事ですが、そもそも陣痛は出産の瞬間まで
ずっと痛いわけではありません。

陣痛は子宮の収縮により起こるものなので、
子宮がきゅーっと収縮している間は痛みが
ありますが収縮が収まっている間は痛みが引きます。

 

この収縮の波の間隔が短くなるとお産が進むのですが、
そんな陣痛を少しでも快適に過ごすグッズがあると準備
しておきたいですよね。

そんな陣痛緩和グッズの中で一番ポピュラーなのが
テニスボール

 

陣痛の痛みで腰が辛い時テニスボールでマッサージ
してもらうと痛みが緩和されるようです。


あとは陣痛中かなり呼吸や心拍数も上がるので
発汗も多くなります。

そんな時必要なのがタオルや水分補給グッズ。

 

汗を拭くタオルは当然ですが陣痛の波が引くたび
体制を変えるのも辛いものでできれば寝たまま
飲めるストロー付きのペットボトルなどが
役に立っているようです。

 

そんな陣痛緩和グッズを揃えて少しでも
快適に陣痛を乗り越えられるといいですよね。