最近多いネット上の質問サイトやトークサイト。

そこの妊娠トピックなどで

「先日性行為をしましたがいつくらいになると
妊娠検査薬で反応が出ますか?」


といった内容をちょくちょく見かける事があります。


スポンサードリンク




そんな質問のアンサーを続けて読んでいくと

「受精するとhcgというホルモンが出るので
数日で反応が見れると思いますよ。」


といったアンサーがあったりします。

アンサーした人は質問者を不憫に思い良かれと
答えたようですが正直「あれれ?」と思って見ちゃいます。

さてあなたにはこの話のどこが
「あれれ?」なのかわかりますか?

「あれれ?」に気づけたあなたは多分妊娠の
知識がしっかりある方だと思います。

そこで今回はその「あれれ?」に気づける改めて
【妊娠】についてお話したいと思います。

さて一言で【妊娠】といいますが医学的にどんな
状態を【妊娠】というか知っていますか?

そもそも妊娠するまで女性の体の中ではどんな事が
起こっているんでしょうか?そこに目を向けてみましょう。

体が成熟した女性には毎月生理があります。

この生理1周期のサイクルはホルモンの
バランスにもよりますがほぼ28日です。


生理が開始した初日から14日までは卵胞期と
呼ばれ受精卵の元となる卵子が作られます。


14日間かけて作られた卵子は成熟すると
卵胞の壁を突き破り排卵します。


このあとが重要で実は排卵した卵子はいつまでも
生きていられるわけではなく実は24時間くらいしか
生きていられないんです。


24時かしか生きられない卵子。その24時間の間に
精子と出会わないと卵子はなくなります。

なので妊娠の為にはこの24時間以内に
精子と出会うことが必須です。

無事精子と出会えた卵子は受精が
成功すると【受精卵】となります。

無事受精卵となった卵はこの後膨大な旅をします。

約5日~6日間をかけて女性の
卵管の中を通り子宮を目指します。

この時子宮では受精卵を受け入れるため
子宮内膜が厚くなってきます。

約5日~6日をかけて卵管を旅し無事に
子宮にたどり着いた受精卵はふかふかに
厚くなった子宮内膜に潜り込みます。

これが【着床】です。

ちなみに着床しなかった内膜は次回の
生理となって体外から排出されます。

着床した時点で女性にとっては生理開始から
だいたい20日目くらい 受精卵は約2日~3日
かけて子宮内膜に潜り込み着床を完了させます。


スポンサードリンク



この着床が大事なポイントで着床後将来赤ちゃんの
胎盤の元となる絨毛と呼ばれる部分からhcg
(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という妊娠ホルモンが
分泌されはじめます。

このhcgは血液中や尿にも現れるので血液検査や
一般的な尿検査で検査すると妊娠検査薬で
妊娠の反応が見られるようになります。

何となく妊娠した?という気分になりますが、
実はまだここでは妊娠とは呼べません。

正確には着床成功といったところです。

この着床成功から3日~4日後くらいには
生理1周期の最後にあたる28日目を迎えます。

この時生理が来なければ「あれ?」となる人もいるでしょう。

そしてこの生理から28日目は
実は妊娠でいうと妊娠4週目。

でも実際に「妊娠」と呼ぶには
ここから約2~3週間かかります。

生理が止まり1週間後くらいの妊娠5週目に
病院に行くとエコー(超音波)にて赤ちゃんが
入る胎嚢と呼ばれる袋が見られるようになります。


この頃つわりが始まる人もいます。

そこからさらに1週間後の妊娠6週目くらいには
胎児の元となる胎芽が確認され赤ちゃんの
心臓が動いている心拍が確認されてます。

この赤ちゃんの心拍が確認されて
初めて妊娠と呼ばれるのです。

⇒妊娠超初期の症状イライラ

⇒妊娠1か月目の症状お腹の張り

数週間の間に女性の体の中で
これだけのミラクルが起こっているのです。


そんなミラクルがいっぱいな妊娠。

さて最初の話に戻りますが今までのお話を
読んであなたは何が「あれれ?」だとわかりましたか?