■排卵検査薬とは?

排卵検査薬は妊娠検査薬と混同して考える
方もいますが、全くの別物です。

排卵検査薬は、排卵日を特定するために
利用する検査薬で、尿によるものと唾液に
よるものなどがあり、生理終了後から利用し、
排卵日を特定するというものです。



スポンサードリンク




本来は排卵日付近に使用するものですが、
生理終了後から継続して使用し、排卵日を
調べることも出来ます。

■排卵検査薬Davidとは?

排卵検査薬には様々な種類がありますが、
排卵検査薬Davidは低価格で性能がいいと
評判の高い外国製の排卵検査薬です。

低価格であるために、排卵日付近だけではなく
生理終了後から使用し、排卵日前や排卵日、
排卵後のチェックにも使いやすいのが特徴です。

排卵日検査薬Davidは尿をかけることによって
排卵日を特定するというものです。

排卵検査薬Davidは低価格であることから
使用しやすく排卵日前や排卵日、排卵後など
何度も検査しやすいですから、不妊治療を
行っている人や産み分けを考えている人に
人気があります。

妊娠検査薬と比較し、排卵検査薬はまだまだ
ポピュラーな存在とは言い難いですが、
排卵検査薬Davidは排卵検査薬の中では
有名なものです。

■男の子と女の子を産み分け

産み分けを考えている人にとって、男女愛の
タイミングは非常に重要になります。

産み分けを考えていない人よりもそのタイミングを
意識している人は多いはずです。

実際に男の子と女の子を産み分けすることは
出来るのでしょうか。

現時点で、100パーセントの産み分けは不可能です。

しかし科学的には男の子の産まれやすい日と、
女の子の産まれやすい日というものがあることが
分かっています。


そのため排卵日を意識して男女愛をすることは
産み分けに繋がると言えます。


産み分けには様々な迷信も多いですが、大切
なのはタイミングであることが解明されています。

赤ちゃんの性別が決定するのは、
受精したその時です。

後からお腹の中で性別が変化するわけではありません。

受精したその時には、すでに男の子なのか女の子
なのかが決まるわけです。


スポンサードリンク




そして、性別を決定するのは卵子ではなく、
精子であることもわかっています。

男の子になる精子と女の子になる
精子がいるわけです。


男の子になる精子は酸性に弱いですが素早く、
女の子になる精子は酸性には強いですが
のんびりとしています。

■排卵日と産み分け

男の子になる精子は酸性に弱いですが素早く、
女の子になる精子は酸性には強いですが
のんびりとしています。

これが産み分けには非常に重要なポイントです。

排卵日付近は、膣内はアルカリ性に傾くことが
分かっています。

そのため、排卵後に男女愛をすることで男の子が
産まれやすくなるのです。

女の子の場合は酸性には強いものの動きが遅いので、
排卵日前日などに男女愛を行う必要があります。

卵子にたどり着き、受精する精子によって性別が
決定するので、排卵日を知り男女愛をすることは
産み分けに繋がると考えられています。

そのためには排卵日をより正確に知っておかなくて
はいけませんから、排卵日検査薬が有効になるのです。

男の子になる精子と女の子になる精子の特徴を
理解するとわかりやすいですよね。

男の子が素早く女の子はのんびりと考えると
卵子までのタイミングを覚えやすいでしょう。

産み分けを考えるのであれば基礎体温だけではなく、
排卵検査薬を使用し正確に排卵日を知ることが
好ましいです。


⇒妊娠胸の張りいつから?

⇒新型出前診断の費用

もちろん、完全に産み分けを行うことは出来ません
ので、どちらが産まれても可愛がって育てられる方
でなければいけませんが、タイミングを考えて
産み分けを考えてみるのもいいでしょう。

排卵検査薬はこのように、産み分けを考えている人に
とっても有効的なものなのです。

実際に排卵日検査薬で産み分けを
行っている人も多いですよ。